理系書店員のひとりごと

水環境に興味があり「技術士」を目指す書店員のブログ。将棋アマ5級程度。日本手相能力検定3級。マラソン元サブスリー。トライアスロンはそこそこ。桑名七番勝負1回戦敗退。

【ぴよ戦記_Vol.2 】飛車先不突き・スズメ刺し_002

 将棋大好き書店員がさらなる高みを目指す『ぴよ戦記』!!

 シロウト将棋も数指せば強くなれるのか??

<これまでのあらすじ>

 前回から書店員は「飛車先不突き・スズメ刺し」という戦法を試しているが、相手PCの序盤の角位置が悪く、ついつい作戦変更し、飛車先の歩を突いて戦いを仕掛けることになっていた。今回は、飛車先の歩を突かずに戦えるのか??今回も、角道も開けずに(☗7六歩と突かずに)開戦し、奇襲戦法的に攻める予定である。

 

【 ぴよ戦記_Vol.2 】

 今回も現時点で8級の書店員に対して5級のお相手(前回と同じ)。格上との対局です。

 ☗書店員(プレイヤー): 8級

 ☖ひよか(Lv.13_PC): 5級

 

 対局開始。先手の書店員は、今回も初手☗1六歩。強気で指すことにする。後手の相手は、3三の位置に角を上げてきた。相手は角換わりの形だが、こちらは相手にしない。今回も当面の狙いは、相手の1四歩および3四歩とする。

 

f:id:duohuliangjie:20190305203641p:plain f:id:duohuliangjie:20190306221846p:plain

  相手は、今回も☖2四角(12手目)としてきた。この1手は無駄にならないのか…?こちらは5七の位置を金で守るが、続いて後手の14手目は☖3三銀。角の引き道を塞いでしまう。こちらは当初、飛車先不突きの作戦であったが、ここはすかさず角頭を狙っていく(☗2六歩 [15手目] )。次に☗2五歩が指されるのが分かりそうなものだが、相手は☖6二銀(悪手)。これで、☗2五歩に対して角は1筋に逃げるしかなくなってしまい、結果的に1筋の攻防は、早くもこちらが優勢になった。

f:id:duohuliangjie:20190305205334p:plain f:id:duohuliangjie:20190306222408p:plain

  相手の角を追いながら1筋を攻略していく。こちらは☗1四歩~☗2六銀と進める。指し慣れている棒銀の形である。相手は今回も、角を逃がすためだけに2手も使ってしまっている。

f:id:duohuliangjie:20190305210942p:plain f:id:duohuliangjie:20190306222001p:plain

  相手は26手目、☖4一王。端が☗1四歩まで進められている状況で、私(書店員)なら自身の王を戦場には近づけない。この辺の感覚はちょっと分からない。

 ところで、1筋の攻防を有利に進めている中、35手目の☗1三歩成は疑問手のようだ。推奨手は☗2四歩だそう。こちらの方が攻めが速いということなのだろう。前回もそうであったが、この局面での仕掛け方については後で別に考えたい(次の一手形式で)。

f:id:duohuliangjie:20190305213034p:plain f:id:duohuliangjie:20190306222521p:plain

  ここから、41手目☗2七香打は疑問手。推奨手の☗2三銀の方が攻めは速いが、このときの銀と歩の交換がシロウトには耐えがたいため、ついつい読みから外してしまう。とはいえ、級位者同士の対戦であれば、手厚く☗2七香打でも力押しできそうだ。指してしまったものはしょうがない。このまま押していくことにする。

f:id:duohuliangjie:20190305214839p:plain f:id:duohuliangjie:20190306222749p:plain

 54手目☖3二同飛は悪手だそう。ここで次の一手をどう指すか?

 55手目☗2三銀成とされた方は残念、悪手です。書店員もそう指しました。ここは、☗2一飛成☖3一香打☗2三銀の方が攻めが速い。さらに57手目☗1二香成も悪手。推奨手の☗3三銀の方がやはり攻めが速い。こちらが立て続けに悪手を放つも、形勢はこちらが良いはず。引き続き押していく。 

f:id:duohuliangjie:20190305230030p:plain f:id:duohuliangjie:20190306222845p:plain

  さて、次の一手は。。。?

 先手は余裕があるので、成香を活用したく61手目☗3一成香としたが、これは疑問手。推奨手は☗2五桂。後手は☖2二香打くらいしかないと思われる。ところが後手は☖2四香打。こちらの方が先手としては対処しやすい。取って取られてが続き。。。そして進んで、67手目☗3三同角成。これが疑問手なのはなぜなのか?一旦角が端に外れても、じっくり☗1三角成が確実無難ということか?

f:id:duohuliangjie:20190306211229p:plain f:id:duohuliangjie:20190306223044p:plain

  後手は歩切れなのが痛い。48手目と50手目の歩打ちがもったいなかった気がする。歩があれば、74手目の☖6五桂のタイミングで☖3六歩打ができたと思う。この局面の後手は、☖3六歩ができないと、先手玉に圧力をかけることができず辛いと思う。

 さて、75手目☗4一成香。悪手と言われた成香を最後まで活用する。76手目☖5二飛(推奨手は☖3二飛だった)。ここで、思いがけず、『金があと一枚あれば☗8三金打が詰めろになる状態』になった。そこで、さっそく後手の3三の金を取りに77手目☗3四銀打。そして狙い通り(2枚目の)金をいただいた。

f:id:duohuliangjie:20190306213752p:plain f:id:duohuliangjie:20190306223144p:plain

  とりあえずは、81手目☗8三金打。詰めろがかかったので、後手は一旦受けないといけない局面なのだが、受けずに☖5六角。最後は83手目☗7二金打。あっけなく勝負は終わった。(82手目は☖7二銀打などと一旦受ける必要があった。)

f:id:duohuliangjie:20190306214254p:plain f:id:duohuliangjie:20190306223236p:plain

 先手 悪手:2回 疑問手:6回 好手:0回 定跡:1回 最善手:21回

 後手 悪手:2回 疑問手:4回 好手:0回 定跡:1回 最善手:20回

 終わってみると、悪手・疑問手の数は先手(書店員)の方が多い。結果は圧勝だったのに。。。将棋はむずかしい。次回はさらに格上のぴよPCと対局してみよう。今度こそ、飛車先不突きの戦型で仕掛けられるように。